スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある科学の超電磁砲トライアル使用雑感

「うん、わかってる。ありがとうね、初春」
ー 「最高の友達」より

昨日の夜に手に入れました。そこから徹夜で回す回す。これだけやればデッキもカードも把握していろいろ考えることができます。

トライアル環境は結局ぶっぱゲーだから、たくさんダメージ通せば良いだけのソウルゲーで運が良いほうが勝つよ
と言うのは、乱暴ですがたぶん真理。とはいえそれでは思考停止と同じなのでもう少しまともに考えてみましょう。

まずレベル0での話です。

今回のトライアルではレベル0体での応援が2種類あります。両方4積みすれば8枚となり、そうそう応援が来ないなんてことはないでしょう。となると他のトライアルと同じように、後ろに応援を置けたほうが勝ちなんてことはなくなります。そこで展開を決めるのが、レベル0帯における、異なるパワーを持った3枚のアタッカーの存在。

まず第一にバニラ。これはまあ当然ですよね。安定して常時3000でいられます。該当カードは「”電撃使い”美琴」、「水泳部泡浮」

第二に「白井黒子」。これは≪風紀委員≫をレストすることで、2500から最大4500まで上昇することができます。ここで重要なのが、最大で自ターンのみとはいえ4500まで上昇することで、後述する「柵川中学の生徒初春」を倒すことが可能になることです。これは重要なことで、返しのターンで負けることを考慮してもダメージレースに置いて、全く損になっていないどころか、得しているのです。初春はレベル0にも関わらず3500です。そのデメリットとして、正面のキャラのソウルを上昇させます。つまりこちらの黒子がアタックでソウル2スタートに対し、相手は返しでアタックしてもソウル1スタートなのです。この差は一目瞭然です。少なくともトライアルでは相手を先にレベル1にあげようが、そこまで有利にさせることはないと思います。
一方、バニラに対しては後ろに応援を置けない場合のリスクと先行初手に置くのが相応しくないことを考えると劣っていると言えます。そんなにないかと思いますが、後ろに応援がないとただの2500のカードとなり初春どころか、素のバニラにすら負けてしまいます。先手初手に相応しくないのは言うまでもありません。

第三に「柵川中学の生徒初春」。これは驚異のレベル0にして3500のカードですが正面のキャラのソウルを1上げます。この能力は、レベル0帯に置いての有利を得る代わりに試合展開早めその有利さを保てる期間を短くしているカードと言えます。とはいえバニラに対しては序盤に置いて重要な場アドを確実に取れるためデメリットは黒子以外に対しては無いに等しいと言えます。問題があるとすれば、このカードを2体以上場に置くのはやや怖い感じがします。場アドを優先するあまり、相手のぶっぱでレベル1が飛ばされたら洒落になりません。相手のソウルをあげてしまうことを考えると、場に置くのは1体だけにしたいところですね。
場アドをとれるこのカードですが、レベル0での他の有用性は、後ろに応援がないうえで相手の応援付バニラと相討ちをとれることがあげられます。これは以外に大きく、相手の手札と引き次第ですが、相手のレベル0を枯れさせた上で5止めできればこのカードは十分に働いたと言えるでしょう。
なにげにレベル1のアグレッシブ黒子と同パワーというのもポイントでしょうね。

この3種を考えると、どれを何枚入れるか悩みどころですがやはり初春は4枚安定かな?

レベル1

レベル1では、今回のトライアルでは1/1の7000があるのでアタッカーはそれを主軸にしていくのが良いでしょう。1/0 5500もまあ普通は入れるでしょう。問題は残りの2枚。これはレベル2と3の構成によって大きく変わると思います。

「アグレッシブな黒子」ですが、これは2つ効果があって1つは自キャラがリバースした時に1コストで1体2500パンプできるというものです。これは攻め手においては後述のTD限定相討ち美琴との相性が非常によく、それと合わせて3500パンプを実現することで、カウンターを打たせないことができて確実に相手を倒せます。また守りにおいては、この2500パンプをレベル2黒子に使うことであの美琴と相討ちをとるパワーに成長できます。(美琴の永続効果が発動したうえで、クライマックスを使っていない場合)。そう考えるといかにこの2500という数値が考えられているかがわかります。この効果はもちろん普通に使えるので、レベル1帯でも場が全滅することを防ぐことができます。初春に使うことで5500が8000になり素のスキンシップに勝てるし、レベル2佐天さんと同じ数値になるのはすごい。
2つ目の効果ですが、2コストレスト≪カエル≫回収ですが、これはレベル3の美琴の回収or緊急時のスキンシップ回収に使えます。
このカードはレベル1よりレベル2に置いて重要になるカードと言えるでしょう。

「幻想御手開発者木山」は運用が少し難しいですね。攻め手にしか使えないのにに2コスト払ってするのは実質相討ちを持たせて、思い出に送ることです。2コスト払っているのだからクライマックスがストックに行ってない限り圧縮にはなっていない。記憶持ちがトライアルにいないとなると、生かすのはどうしてもブースター以後になってしまう。トライアル大会では運用しても微妙な扱いになってしまう気がする。

正直トライアル環境では圧倒的に前者が使えると思います。攻守ともに使えるのと回収持ちは大きいと言わざるを得ません。「アグレッシブな黒子」はプレイングを磨けば、相手にとっては相当ウザいことこの上ないと思います。問題は後列にこれを置くかということです。これを後列に置くということは必然的に500応援を1つ置けないことを意味しますからそこのパワーダウンは意識しないといけません。トライアル大会なら開き直って前衛に置くことも1つの手であると思います。回収はこの際無視です。重要なことは場に残ることですから。
レベル1カウンターがない今回のトライアルではこの2枚こそが、前半の駆け引きを生むでしょう。

レベル2

ここが人によって構築が一番異なる部分であると言えます。レベル2のカードは5種類。1枚はカウンター、1枚はイベントなので残りの3枚がアタッカーということになりますがどれをメインアタッカーに採用するかで、レベル0以外のデッキ構築を全て決めると言っても過言ではないでしょう。

「美琴のパートナー黒子」は2/1バニラです。この佐天より500高いパワーとソウル1と言うことは、トライアルにおける意味は、パワーに置いてはカウンターでレベル3美琴を500差で撃ち落とせないうえ、フロントで0点スタートを強いられることを意味します。これは後半の展開がやや苦しくなると、私は考えます。こちらを採用するなら、クライマックスはぜひソウル2上昇を使いたいところですね。

「柵川中学の生徒佐天」は2/2の純アンコール持ちです。このカードで大きいのはソウル2持ちということです。これは美琴相手にフロントで1点スタートになることを意味して、ダメージレースに置いて有利であると言えます。

「常盤台中学の生徒美琴」はレベル2版μですがこのカードはアグレッシブ黒子と合わせることで真価を発揮し、このカードを採用するなら、アグレッシブ黒子はもちろん、レベル2に置いては佐天よりパワーの高い黒子を合わせて採用すべきでしょう。このようにすることでレベル2に置いては佐天、黒子に負けないようになります。また返しで負けないようにカウンターを握ることが重要になってきます。

さて残りの2枚です。

「固法美偉」ですがこれは入れないという選択肢はやはりとりずらいと思います。ただこれを何枚入れるかについてはデッキによると思います。基本的には他のレベル2,3が3種類以上なら2枚が限度かと。

「プール掃除」はいらない。枠がとれない。

レベル3
「”最強無敵の電撃姫”美琴」は実質パワー11000でソウル減少に加え、クライマックスシナジー持ちです。強力なカーであると言えますが、所詮はレベル3からしか出ないカード。回復がない今の段階では恐れるに足らず。確かに強いがデッキに入れなくても実は何とかなるのでは。むしろこれにこだわることで、構築の幅が狭まることはよくないことですよ。

クライマックス
トライアル大会なら、「二人の約束」は当然としても、レベル3の美琴を使うなら、「超電磁砲」をぜひ採用してみたくなりますが、入れないなら(むしろ入れても)「最高の友達」でも大いにありだと思います。トレジャー事故が嫌ならレベル1までならクラック要因にしても良いし、レベル2以降で来るなら、それは仕方のないこととして、むしろ毎回クライマックスが打てて打点とパワーがが増えると考えた方が良いと私は考えます。この環境ならパワーが1000増えようが2000増えようが変わらないし、クライマックスをトリガーして埋もれてしまうほうが、個人的には問題ですね(そうした処理が私は下手です。)。打点を極限まで上げることこそがトライアルの勝利につながると考えているのでそうしたクライマックス選びになります。

最後は私の趣味になってしまいましたが、これがトライアルデッキの感想ですね。いやー構築がおもしろい。ハルヒの時はルガールとチェンジを入れるデッキ1択でしょなんて状況でしたから。(トライアル限定が残念な子だった)
別にトライアル大会は肩ひじ張らず、楽しみながらやればいいんですが、やるからには多少なりとも勝てるように考えますよ。今日から大会が楽しみですね。
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カテゴリから釣られてきました。

>つまりこちらの黒子がアタックでソウル2スタートに対し、相手は返しでアタックしてもソウル1スタートなのです。
あれ?「柵川中学の生徒 初春」の正面キャラソウル+1って、自分のキャラにも適応されましたっけ?
それともダイレクトアタックですか?あれ?

No title

> Ztaro さん

コメありがとうございます。
これは以下のような状況を想定した結果です。

お互いに後列に2体応援がいる。
相手の場の前列にに初春がいる。
それに対しこちらの前列の黒子で2体レストしたうえでアタック。このアタックでは初春の効果でソウル2スタート。
その次の相手のターン、この黒子が何かしらのキャラで倒しにかかってきます。この時はソウルは1スタートです。(レベル2でもない限り)
これを考えて私はダメージ的には得しているなと考えました。
初春の効果は相手の正面のキャラにしか適応されません。

説明がわかりづらくて、すみません。
プロフィール

夜天で行くさ

Author:夜天で行くさ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。