スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ単ははたして正しいのか?

私は最近ヴァイスシュヴァルツ(以下WSとする)では、いかにして楽しんでやれるかに重点を置いていて、キャラ単大会を身内でやるようになってからは拍車がかかってます。

WSにはTCGという競技またはそう堅苦しくとらえないで遊びとしての側面とキャラクターグッズの延長線上という側面がありますが、今の私は後者側を強く見ているプレイヤーといえます。
実際のところ、私はどんなに強かろうが、自分の興味のないタイトルには無理に手を出さない。あくまで、自分の好きなタイトルでしか手を広げない。もちろんそれでもその中で勝てるようにしています。
まあ、私がなのはしか使わなかったり、シャナしか試合で使わなかったとしても、誰も文句はないでしょう。それは公式に「ネオスタン」というレギュレーションで認められていて、その中で最大限デッキを構築しているからです。

では大会で、キャラ単を使うのはどうでしょうか?多くの人は「別に良いんじゃない」と思うでしょう。ところがそうは思わない人もいるわけです。
その根拠はキャラ単は過剰にデッキ構築に制限をかけており、そのようなデッキでやるのは対戦相手に失礼である。そんなのは身内でフリーでやるべきであり、見ず知らずの人とやる大会に持ち込むべきではないというわけである。つまり、キャラ単デッキ自体がなめプであると言うのが主張である。

これはもちろんルール的な問題ではなく心情的な問題であるため正解がある訳がないのですが私の意見を述べさせてもらうと、版権物TCGであるWSを一面からしか見ていない狭量な意見であると言わざるをえない。初めに述べたWSの2面性については初め述べた通り、TCGとキャラクターグッズとしての面である。WSに限らないが、版権物のTCGの魅力はその両面があることにあり、一方を否定して成り立つものではない。
キャラ単デッキを後者の極地であるとすると、環境トップの構築のデッキは前者の極地と言えるわけだが、それぞれが一方の要素がないとはいえない。キャラ単の中にもTCGとしての戦略性や構築の楽しさがあり、ガチのデッキの中にもキャラクター性やイラストを楽しむ要素がある(そうでなければわざわざ高いイラスト違いのSRなどが存在しないしえない)。

だからこそキャラ単が否定されるいわれはなく、勝つ事が優先されがちな地区大会などでもキャラ単を使う事はルールにのっとっている限り肯定されるべきであり、対戦相手の方を侮辱している事にはならない。
相手の方を侮辱するのは、例えば試合にキャラ単を使って、負けた時にキャラ単だから負けたのはしょうがないなどと言うことで、それは逆にキャラ単を使うものが心掛ければならない事である。キャラ単を使おうが、ガチのデッキを使おうが、同じ土俵で戦っているのであり、それを言い訳にしてはならないのである。
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夜天で行くさ

Author:夜天で行くさ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。