スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なのはデッキ

さてトリサバも終わったところで、今回および前回のWGPでも使用した「高町なのはデッキ」について。

「高町なのは(みんな大好きSLB)」デッキ

レベル0

戦技教導官なのは 4枚
制服のなのは 4枚
意地っ張りアリサ 4枚
フェレット形態ユーノ 4枚
魔法の素質なのは 3枚

レベル1

祝福するなのは 4枚
ヴィータ&ザフィーラ 4枚
信じた思いなのは 3枚

レベル2 

全力全開なのは 4枚
エース・オブ・エースなのは 2枚
古代史学者ユーノ 2枚

レベル3

”揺るぎ無い意志”なのは 2枚
分け合う気持ちなのは&フェイト 2枚

クライマックス

スターライトブレイカー(扉) 4枚
ディバインバスター 4枚
 
このデッキのコンセプトは安定性とバーンで勝つというなのはデッキとしてオーソドックスに仕上げました。細部こそ違え、これと同じようなレシピはどこでも見れるとは思います。

レベル0が多いのは安定性を求めた結果と、後列要員を2種類4枚ずつ採用しているからです。ユーノかアリサが来てくれればこのデッキは問題なく回ります。自ターン中はアリサのCIPパンプ効果で十分相手を狩ることができます。ユーノの回収効果も最初から積極的に使って行きたいところです。

レベル1はヴィータの相討ちと、「信じた思いなのは」のCXシナジーで相手を確実に倒していきます。「信じた思いなのは」はレベル1および状況によってはレベル2までハンドアンコールしていきます。
この時点までに「全力全開なのは」をできれば2枚以上と「スターライトブレイカー」を手札に集めておきます。

レベル2になったら「全力全開なのは」を展開しCXシナジーで相手の場を殲滅&回収を行います。1体の時はユーノの回収付加もつけると安定して2枚回収できるでしょう。この時の回収対象はレベル3と助太刀、そしてエースオブエース。この3種を手札と相談の上回収しましょう。(対エヴァに限りアリサを回収する場合もあり)
これ以降「全力全開なのは」はソウル2キャラとして、ゲームエンドまでハンドアンコールし続けます。

レベル3になったら揺るぎ無い意思で回復しつつ、バーンを打つタイミングを計ります。この効果で相手のCXを落としその直後のダメージ判定で通すのがこの効果の本質です。5点は通ったらラッキーぐらいで。
しかしエースオブエースのシナジーが打てるならこちらが優先でしょう。控え室にCXが2~3枚くらい落ちているところで打つのがベストでしょう。実質1アタック増えているようなものなので、例え3-0からでもこれで一気に勝負を決められます。

回し方はこのような感じです。
注意点はこのデッキはリフレ前にストックはそれほどたまりません。どうしてもリフレ前にコスト2のキャラを出さなければ、ならないので仕方ないと言えば仕方ないのですが、それでもハンド分を考えれば圧縮も最低限できているので、全力全開の後ストックが3くらいたまっていればその後もこのデッキは十分戦えます。ハンドアンコールが基本なのでコストをそのあとそれほど使わないのが大きいですね。

集中がないので山札事故が起きる場合がありますが、現状の集中持ちが赤のヴィヴィオでは使いずらいので、今のところ採用する気はありません。その辺はプレイングが物を言うでしょう。
リフレ時に山札にCXが6枚以上戻っていればそれで十分です。エースオブエースのCXシナジーが使いやすくなったと思いましょう。

改良点として「WAS」、「なのはwithレイジングハート・エクセリオン」などを採用する線もあります。
私が採用しなかった理由は

「WAS」 
後列を潰せる、特に対エヴァでは強力なメタカードであるが、イベントカードと言う時点でこのデッキコンセプトを 阻害するので不採用。特にエヴァがキライそうなミルキィが流行っているので、このミルキィ一辺倒の状況が変わらない限り、エヴァが大きく流行ることもなさそうなので、そこまでする必要なしと今回は考えた。今後エヴァが流行れば採用を検討する。

「なのはwithレイジングハート・エクセリオン」
1つ目のクロックパンプは回復が乏しいこのデッキではまず使わないことと、2つ目の効果のチェンジに置ける余計なコストが全力全開を出したうえでねん出するのがきつく感じ、そもそもチェンジをするメリットがそれど感じられない。どうせ回収できるのだから、レベル3になってからもハンドから出せる。

「後方支援 ユーノ」
パワーを上げる意味がそれほどないのと、もう1つのイベントバーンもコストに見合わない。

「魔法訓練」
これはいまだに採用を迷っているカード。ぜひどこかにねじ込みたいのだが。レベル0を少し抜いて入れるのが良いか。しかしイベントカードなので安定性を求めると入れずらい。

「“再会”なのは&フェイト」
感覚的になのだが、リフレッシュを早めると、全力全開のシナジーを使う機会が逸してしまうので不採用。またこのての効果でCXをかんでしまう事がよくある。

「アリサ・バニングス 」
ストックブーストは魅力的なのだが、素のパワーが低いので先にレベル1に上がらないと出番がないのと、やはりなのはネームで統一した方が後列の恩恵を受けて安定して回しやすい。またレベル1は単色で統一しないと色事故を起こす。よって不採用。

現時点ではこのような感じです。まあ結果もそれなりに出せてるし、トリサバでミルキィ相手に全勝できたし悪くはないと思います。去年の9月から勝ちたい時はこれを使い続けていて約半年。これをこえるガチデッキをそろそろ作りたい。今、ミルキィで作成してるけどこれ以上の仕上がりになればいいな。
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夜天で行くさ

Author:夜天で行くさ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。