スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧殺のすすめ

昨日、今月ショップ大会1回も行ってないなー、真1枚くらいは欲しいな。祝日だしどっかでやってないかなと公式を見た結果ユーザー主催で2回連続であることが分かったので雨のなか行ってみることに。

初めて行った場所だったのですが、迷わず到着。結構な人数がいてフリーも含めて結構な数が対戦できて満足。

結果は9月度大会で1回目は決勝で負けて、2回目は半々くらい。多すぎて詳細は覚えてない。
使用デッキはヴィータデッキとフェイトデッキ。

最近フェイトデッキで勝てないな。フェイトデッキで場が負けてたら勝てるわけがない。これは改良しなければ。ヴィータデッキは対して良い感じ。手札が不足しがちだけど、最後ストックを使いきる感じでやればダメージ差で押し切れる。タイトルカップのプロモが良い仕事をする。

本来ならここで大会は終わりなのですが、その日、AB&クドのタイトルカップもやるとのこと。まあ、デッキがないから出れないかなと思ってたら、心優しい方がデッキを貸してくれました。ありがたい。
公開カードと少しくらいしかカードを知らなかったので20分くらいでデッキ内容を確認して、そのまま実践突入。

デッキ内容は私が組んだ物ではないので詳細は公開できませんが、青緑のクド氷室デッキでした。
結果は…優勝でした。デッキ構築がすばらしかったのでしょう。このデッキ自分でも組んでみたくなりました。AB相手でも十分勝負できますね。

それで記事のタイトルなのですが、ヴィータデッキとクドデッキの勝ち筋が同じだったので少し。
レベル0やパワーの低いレベル1をレベル2まで残さないで、レベル1の時でも相手を倒せそうなら、迷わず圧殺しようということです。

ヴィータデッキの時、正直パワーで勝てないのでソウル2をうちつつサイドでダメージを通してたのですが、そうするとですよ、レベル2、人によってはレベル3までレベル0、1のキャラが残るんですよ。すると場では負けてても、ダメージ差ではサイドでもダメージが通るのでダメージレースで負けない、特に下手に強いレベル0だと残り続けてその傾向が強いですね。
クドデッキの時は、相手ターン中は非常に「科学」が強いです。平気で8000とか9000行きます。しかし自ターン中はパワーは低いのでこちらはサイドで攻めることになります。そこでサイド合戦になる訳ですが、そこで相手にレベル0がいると非常においしい。サイドで確定1点はダメージ差で勝負できる。こちらはレベル1だから相手は0点から。さらにレベル1が長引くのでクドデッキで枯渇しがちなストックがたまる。良いことづくめですね。

こうしてみると逆に自分がこのようなデッキを相手にした時は、いつでもとは言いませんがディスアドでも圧殺した方が良い場合もあるのではないかと思うのです。うまいプレイヤーだとここら辺の読みができるんだろうなと思うのですが、自分でもこうして書いてても胡散臭い理論だと思います。
しかし、ついもったいないと思って圧殺できなくて、場で勝ってるのにダメージ差で負けたことはありませんか?そのもったいない精神のすきを突くのがソウルビートの1つのあり方だと思います。

最後にその日の帰りゲーマーズ津田沼店に行ったのですが、ヴァイスと遊戯王のシングル販売を始めてましたね。
ゲーマーズでシングル販売をするとは思ってなかった。
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夜天で行くさ

Author:夜天で行くさ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。