スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームマナーについて

「ちゃんとしてないとダメですよ!」
ー 「リインフォースⅡ」より

今日前々から書いてる、千葉県内における~の記事のネタ集めをしているときに、遊戯王のページを見た時にデュエルワンポイントレッスンというやつがあり、そこで「やってはいけない10のこと」というデュエル、つまり試合中におけるマナー違反についてのことが書かれており、これはどのTCGにも言える至極当たり前のことながら実際はやっちゃているんじゃないの?といった事が10個絞って書かれており、非常によかったので、ここでは自分の体験に基づいて書いていこうと思う。いろんな人の2番煎じどころか、1000番煎じになりそうですが自戒の意味を込めて。

やってはいけない① デュエルを始める前にあいさつをしない

始める前には挨拶をするとお互いに気持ち良く対戦できるよね。本文中にもデュエリストというより人としての基本ですと書かれてます。いやもうこれについては最も過ぎて言うことはありません。さすがに大会であいさつさえしない人には当ったことは……あまりない。1度もないと言えないのが残念です。とにかく相手に聞こえるようにあいさつしよう。

やってはいけない② 先攻後攻を自分で決めない

いきなり「先攻は俺がいただく。ドロー!」なんてことはヴァイスではないとは思いますが一応。じゃんけんで無作為に決めましょう。

やってはいけない③ 相手のカードを勝手に見ない

これ超重要です。もちろん相手の手札をのぞき見するとかそういう意味ではない。それはもはやマナーのレベルじゃなくてルール違反だ。この場合の意味は、相手のカードの効果がわからなくて、確認したいときに持ち主の了解を得ずにカードを手にとって見る行為のことです。これやっちゃう人以外に多いぞ。

経験した中で一番ひどい例
夜天はやての効果は知らない人も時たまいて、表記がパワー8000なのに大概レベル応援も含めて11000になる場合が多いので効果を確認したいのはわかる。だからと言って、ポテチ食べて洗ってない手で了解も得ずにいきなり触るな。聞かれれば説明するし、明らかに知らなそうだったらこちらから説明する。そのポテチ食った手を洗ってきたら触っても良い。だから気をつけろ。…本人に直接その時に言わなかったのは私の落ち度です。反省してます。(しかしポテチ食べてそのままカードすると言うのは、多少なりともカードをコレクションアイテムだと思っている自分からしたら私にはできない。1回手を洗ってこい。それとも私が神経質なだけですか?)

カードはゲームをするだけの物ではなく、コレクション品であることを考えるとこの点は非常に重要なことだと思います。ましてや他人のものです。持ち主に「手にとって確認して良いですか」と許可を求めてから、「いいですよ」と言われるまでは触ってはいけません。許可が下りた後も大切に扱いましょう。 

やってはいけない④ デュエルを勝手に進める

別に小川集中だけではないですよ(笑)。ヴァイスでは基本的にはバトル以外では相手に干渉されないため、ついついソリティアをやってしまい、相手が何やってるかわからないうちに勝手に進めることが多々起こりうるのですよ。自分ではこんなの常識じゃん、さっさとやらせろよということが、相手にしてみれば適正に効果が使われたか、コストが支払われたか、条件は満たしているかなどが気になるのですよ。これ例え相手が一つ一つの効果はわかっていたとしても、順々にやらないと、不正を疑われても仕方のない行為です。
私がヴァイスを始めたころの大会では小川集中は相手が早すぎて何をやっているかわからなかったものです。何この人控室から4枚も回収しちゃっているのと。

やってはいけない⑤ あっこのカード発動するの忘れてた!

ヴァイスでは「休憩」発動する前にアタックフェイズに行っちゃったなどということは少ないとは思いますが、後列のキャラの位置を間違えたなんてことは日常茶飯事では?(それじゃあいかんのだけど)。応援の位置を間違えるのはもう仕方ないのですが、そのあと「あっ間違えた」なんて言って、勝手に動かしてはいけませんよ。

やってはいけない⑥ やっぱりやめた

あれ?助太刀打ってもやっぱり勝てない。計算間違えた、打つのやっぱ無し。…そいつは通らねえな。パワー計算は自分でしっかりして、不安だったら相手に確認を打つ前にとりましょうという話です。

やってはいけない⑦ 怒らない

その効果の使い方は間違えてるよと言われて、そんなことはねえよ、お前が間違ってるんだふざけんななどと怒ってはいけません。ルールで齟齬が生じたら素直にジャッジを呼びましょう。指摘する時も、「その効果は~だと思うのですがどうでしょう?」ぐらいにしたほうが他人とやる時は無難です。
あとクライマックスが手札に5枚あるからといってふてくされるな。ちょっと前にお砂糖さんとやった時自分そんなだったよ。本当にすみません。そんなときでもポーカーフェイスでにこにこやりましょう。

やってはいけない⑧ ずるい!

「小川集中強すぎるんだけど」、「休憩とかマジだるいんですけど」、「サムデイとか卑怯じゃね」などと試合中にいうな。試合終わっても言うな。勝てないんだったら対策しろ。メタれ。相手のプレイング批判するな。自分が未熟なだけだ、プレイングを磨け。自分のカード、プレイング批判されて気持ちがいい人はいません(一部それで優越感に浸れる人は別として)。冗談まじりに「おめかしコマリンつえー」ぐらい言うのは全然ありだと思いますが。

最後はまとめて

やってはいけない⑨ もうちょっとで勝てたのに…
やってはいけない⑩ あーあ本気だせばよかった

⑨のほうはまあそんなに個人的には問題ではないと思うのですが、⑩のほうは問題ありですね。じゃあ最初から本気出せよと。終わった後でこっちのデッキ使えばよかったとか、あのカード入れてれば勝てたのにと未練がましく言われてもねえ。見知った中でお互いに検討でするのは良いですがね。

今回書かれていることは、おそらく小中学生あたりを念頭において書かれたものであると思いますが、それより上の年代の方にも十分言えることだと思います。もちろん文面そのままにする必要はないと思いますが、みなさん大人ですから柔軟に対応できますよね?(高校生は十分大人だ)。私も気をつけたいと思います。
結局はここに書かれていることを小うるさくやる必要はないです。大切なのは全ての人が気持ちよくカードゲームができれば良いのですから。
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夜天で行くさ

Author:夜天で行くさ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。