スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ単ははたして正しいのか?

私は最近ヴァイスシュヴァルツ(以下WSとする)では、いかにして楽しんでやれるかに重点を置いていて、キャラ単大会を身内でやるようになってからは拍車がかかってます。

WSにはTCGという競技またはそう堅苦しくとらえないで遊びとしての側面とキャラクターグッズの延長線上という側面がありますが、今の私は後者側を強く見ているプレイヤーといえます。
実際のところ、私はどんなに強かろうが、自分の興味のないタイトルには無理に手を出さない。あくまで、自分の好きなタイトルでしか手を広げない。もちろんそれでもその中で勝てるようにしています。
まあ、私がなのはしか使わなかったり、シャナしか試合で使わなかったとしても、誰も文句はないでしょう。それは公式に「ネオスタン」というレギュレーションで認められていて、その中で最大限デッキを構築しているからです。

では大会で、キャラ単を使うのはどうでしょうか?多くの人は「別に良いんじゃない」と思うでしょう。ところがそうは思わない人もいるわけです。
その根拠はキャラ単は過剰にデッキ構築に制限をかけており、そのようなデッキでやるのは対戦相手に失礼である。そんなのは身内でフリーでやるべきであり、見ず知らずの人とやる大会に持ち込むべきではないというわけである。つまり、キャラ単デッキ自体がなめプであると言うのが主張である。

これはもちろんルール的な問題ではなく心情的な問題であるため正解がある訳がないのですが私の意見を述べさせてもらうと、版権物TCGであるWSを一面からしか見ていない狭量な意見であると言わざるをえない。初めに述べたWSの2面性については初め述べた通り、TCGとキャラクターグッズとしての面である。WSに限らないが、版権物のTCGの魅力はその両面があることにあり、一方を否定して成り立つものではない。
キャラ単デッキを後者の極地であるとすると、環境トップの構築のデッキは前者の極地と言えるわけだが、それぞれが一方の要素がないとはいえない。キャラ単の中にもTCGとしての戦略性や構築の楽しさがあり、ガチのデッキの中にもキャラクター性やイラストを楽しむ要素がある(そうでなければわざわざ高いイラスト違いのSRなどが存在しないしえない)。

だからこそキャラ単が否定されるいわれはなく、勝つ事が優先されがちな地区大会などでもキャラ単を使う事はルールにのっとっている限り肯定されるべきであり、対戦相手の方を侮辱している事にはならない。
相手の方を侮辱するのは、例えば試合にキャラ単を使って、負けた時にキャラ単だから負けたのはしょうがないなどと言うことで、それは逆にキャラ単を使うものが心掛ければならない事である。キャラ単を使おうが、ガチのデッキを使おうが、同じ土俵で戦っているのであり、それを言い訳にしてはならないのである。
スポンサーサイト

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

帰ってきた!千葉県内におけるブシロード製品の普及度の研究 その3

「ヴァイスシュヴァルツ編 その3」

ヴァイスに置いてショップ大会開催数も気になる点であったがもう一つ気になる点がある。
それはネオスタンとオープンの比率である。

現在の環境、特に大きな大会ほどネオスタンが主流である。次回開催されるBCF2011も少なくとも店舗予選ではネオスタンで行われる。
ではこれがショップ大会レベルになるとどうであろうか。

千葉県内の3月度ショップ大会、計106回のうち
ネオスタン 32回(約30%)
オープン 74回(約70%)
となっている。
明らかに割合としてはオープン>ネオスタンである。これは当然と言えば当然である。店舗側からしたらわざわざレギュレーションを狭めて参加者を減らすことはない。
では実際オープン戦でスタン構築で参加している人はどれほどなのだろうか。こればっかりはデータがないので感覚でしか語れないのだが、私はネオスタンが主流となった今でも多くの人、特に歴が長い人ほど、スタン構築も好んでいて、大会もオープンであればそれで参加しているように思う。スタンは今でも生き続けているのである。なればこそ、スタンもしくはサイド限定といった大きな大会も開かれていいのではないかと思います。
とはいえネオスタンを好むユーザーがやはりそれ以上に多く(ヴァイスというTCG上仕方ないと思う)、大会も私みたいなネオスタンオンリーのプレイヤーにとって、形式がネオスタンの方が安心して参加できるのも事実でありバランスが難しいなとは感じます。

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

帰ってきた!千葉県内におけるブシロード製品の普及度の研究 その2

「ヴァイスシュヴァルツ編(その2)」

注意 集計時期やミスにより事実と異なる場合があります。

前回集計結果を出した。結果は

2010年3月度ショップ大会
店舗主催は15店舗64回
ユーザー主催が3か所3回
合計 67回



2011年3月度ショップ大会
25店舗106回

とかなり増えていますね。

まず店舗数から見てみますと
15から25と10店舗ほど増えています。具体的には

千葉市
エンターキング千葉美浜店ブック
ホビーステーション稲毛海岸マリンピア店
(カード&CARD千葉店については、もともとマグマニ千葉店内にあった店舗が移転して名称が変わった)

船橋市
ホビーステーション津田沼
カードショップわいわい!! 塚田駅前店
ポパイ芝山店

松戸市
古本生活

市川市
マロンの隠れ家
ワイプ市川北口駅前店

館山市
宮沢書店館山店

山武郡
愛好堂大網店

習志野市
アニブロゲーマーズ津田沼店
(ここは昨年もショップ大会は開催していた気がするが、昨年の集計時点では公式HPに記載されていなかったので昨年はかいてない。ただ、昨年より明らかに開催回数は増えている)

逆に開催しなくなった店舗もあるが、たまたま今月だけかもしれないので割愛する。

こうしてみると既存の店舗で新たに開催し始めたところもあるが、やはり新規開店の店舗が多い

例えば大手でいえば
ホビーステーション(稲毛海岸マリンピア店、津田沼店)
CARDBOX系列(ポパイ芝山店、ワイプ市川北口駅前店、宮沢書店館山店)
が新規に出店している。

個人的には行ける範囲に新規店舗が何店舗もできたのはうれしいかぎりだ。
場所はやはり都市部が目立つが、館山や山武郡といった今までなかった地域にヴァイスができる店舗ができたのは、大きいと思う。
ユーザー主催のがないが、4月度の大会日程をみると、市川で行われるものについては開催されるみたいなので、3月はたまたまであろう。

結果、昨年度とくらべ大きく開催数が増えている。ヴァイスユーザーとしては嬉しい限りである。
千葉県においてヴァイスユーザーが今後も増え、末永くことを願います。

テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

帰ってきた!千葉県内におけるブシロード製品の普及度の研究 その1

昨年の3月こんな誰得な企画をやったのだがみた人はいるのだろうか。

「千葉県内におけるブシロード製品の普及度の研究」

あれから1年、新たにヴァンガードという仲間を迎え、さらなる盛り上がりを見せるブシロードTCG。
ヴァンガードについてはまだ始まったばかりであるのでしばらく見守るとして、他のTCGはこの1年で千葉でどのようになったのか。また見ていこうと思う。

始めは私がメインにやっているヴァイスシュヴァルツから

「ヴァイスシュヴァルツ編(その1)」

まず昨年の3月における、簡潔なデータ

店舗主催は15店舗64回
ユーザー主催が3か所3回
合計 67回
(開催場所などは昨年の記事を参照)

では今年はどうなっているでしょうか。
集計対象は昨年と同じく3月度ショップ大会

「2011年3月度ショップ大会」

千葉県全体
25店舗106回

千葉市 5店舗22回

カードキングダム千葉店 5回
ホビーステーションGLOBO蘇我店 5回
エンターキング千葉美浜店ブック 3回
カード&CARD千葉店 4回
ホビーステーション稲毛海岸マリンピア店 5回

船橋市 6店舗29回

カードショップ「わいわい!」 5回
カードショップオーガ 津田沼店 5回
ポパイ芝山店 4回
ホビーステーション 津田沼 5回
おもちゃのハッピー 5回
カードショップわいわい!! 塚田駅前店 5回

松戸市 2店舗10回

ホビーステーション松戸 5回
古本生活 5回

市川市 3店舗13回

アトラス 5回
マロンの隠れ家 3回
ワイプ市川北口駅前店 5回

柏市 1店舗2回 

イエローサブマリン丸井柏店 2回

野田市 1店舗2回

野田ホビー本店(あたご店) 2回

浦安市 1店舗1回

トクジロー浦安店 1回

君津市 1店舗5回

太陽模型 5回

館山市 1店舗5回

宮沢書店館山店 5回

習志野市 1店舗5回

アニブロゲーマーズ津田沼店 5回

佐倉市 1店舗5回

スリフトモール志津店内CCC 5回

八街市 1店舗5回

愛好堂八街店 5回

山武郡 1店舗2回

愛好堂大網店 2回

データが出たところで考察は次の記事で



テーマ : ヴァイスシュヴァルツ
ジャンル : ゲーム

プロフィール

夜天で行くさ

Author:夜天で行くさ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。